子供の頃の餅つき機の思い出

お正月と言えば餅ですよね。
子供の頃は家で餅つき機を使って作っていました。
その時の様子を今でも覚えています。

毎年暮れ頃になると、母の実家からもち米が送られてきます。
母はそのもち米を蒸してから、餅つき機で餅をついていました。
餅つき機に蒸したもち米を入れてスタートを押すと、徐々に米から粘りが出て粒が消えていきます。
子供の頃はそれが面白くて、ずっと見ていました。

餅が出来上がるとブーッとブザーが鳴ります。
湯気が立ち、アツアツの出来立てお餅を型枠に入れ、形を整えていく作業を手伝ったりしました。
角餅や丸餅、鏡餅などを作りました。

手伝い終わると、出来立てお餅を砂糖醤油やきなこにつけて食べました。
その美味しさは今でも忘れません。

お正月に実家へ帰るとその手作りしたお餅の料理を食べられるので、今はそれが楽しみの1つとなっています。
帰りにはお土産としてそのお餅を持たせてくれるのも有難いです。
お餅1つにも、実家の有難さを感じる今日この頃です。